屋外照明設備による障害光規制ガイド,第2版

CIE 150 Guide on the Limitation of the Effects of Obtrusive Light from Outdoor Lighting Installations, 2nd Edition

2017/54ページ/価格(正会員)36ユーロ  (非会員)72ユーロ

 この報告書は,CIE150:2003 屋外照明設備による障害光規制ガイドの改訂版である。このガイドの目的は,屋外照明の環境影響を評価するためのガイドライン策定に役立てること,屋外照明による障害光の影響を許容レベル内に抑えるため関係する照明パラメータの推奨限度を与えることにある。屋外照明の障害光の影響は,適切な設計によってまずは制御できるため,このガイドは主に新しい照明器具に適用する。一方で,既設の照明施設の補修方法にも活用できる。
 このガイドは,住民から,観光客,輸送機関利用者,環境保護者,天体観測者まで,ほとんどの日常生活において屋外照明が自然環境と人工環境の双方に与えうる悪影響について言及している(天体観測者はCIE126-1997も参照のこと)。
 日中の照明設備の外観は重要である。照明設備の支柱の大きさと特徴は,日によって邪魔になるかもしれないが,このガイドでは触れていない。
 この出版物はCIE150: 2003屋外照明設備による障害光規制ガイドに取って代わる。
 本出版物は英語で記述されており,フランス語とドイツ語の短い要約がついている。11個の図と15個の表を含む全54ページ,CIE国内委員会,CIE本部ウェブサイトで入手可能である。
 TC5-28“障害光規制ガイド”の以下のメンバーが本技術報告書の準備に参加した。この委員会は第5部会“屋外およびその他の照明応用”の傘下にある。

著者:
・Pollard, N. E. (委員長) イギリス
・Bommel, W. van オランダ
・Diaz Castro, J. スペイン
・Lecocq, J. フランス
・Pong, B.-J. 台湾
・Walkling, A. ドイツ

アドバイザー:
・Alvarez del Castillo, E. アメリカ
・Schwarcz, P. ハンガリー

メニュー

階層を全て開く | 階層を全て閉じる

一般社団法人日本照明委員会
〒101-0048
東京都千代田区神田司町
2-8-4 吹田屋ビル3F
TEL : 03-5294-7200
FAX : 03-5294-0102