照明システムの時間変動に関する基準のためのCIEステークホルダーワークショップ最終レポート

CIE TN 008 Final Report CIE Stakeholder Workshop for Temporal Light Modulation Standards for Lighting Systems

2017/14ページ/CIE Webページより無料ダウンロード可能(本文

 昨今の照明システムは,その光出力の時間変動(temporal light modulation,TLM)が大きく変化する。光の時間変動(TLM)は,人間の視知覚・神経生物学的側面・行動に対して,時には好ましくない影響を及ぼすことが知られている。多くの標準化機関,規制当局,認証機関がこれらの問題を特定しようと活動を続けてきた。光の時間変動の影響に関する研究も活発に続けられている。しかしながら,現在の活動はうまく組織化されておらず効率が悪い。CIEは今後の協力を推進するために,カナダ天然資源省-省エネルギー課,アメリカ電機工業会,フィリップス ライティング,BC Hydro(電力),カナダ国立研究機関の協力を得て,2017年2月8-9日にオタワ(カナダ)でステークホルダーワークショップを開催した。この会議の目的は,重複や繰り返し作業を避けながら効果的に国際基準を作成していくプロセスを加速するために必要となる,照明システムの時間変動に関する研究・勧告・基準化活動のロードマップを定めることにある。会議が扱う内容は,ロードマップの作成・協力体制の確立・参加者間の仕事の割振りに限ることにした。この会議では将来的な基準文書の詳細内容を作成することは目指していない。このレポートは, 光の時間変動の割振りに限ることにした。この会議では将来的な基準文書の詳細内容を作成することは目指していない。このレポートは, 光の時間変動(TLM)に関する現状の知識と基準を要約し,欠落している点を明らかにし,ワークショップの参加者により作成されたロードマップを提供している。このロードマップは,共同作業によって,照明器具・システムによる望ましくない光の時間変動(TLM)を制限することを意図した科学的証拠に基づく国際基準を作成することを目指している。これらの基準を満たす照明システムは,照明のエンドユーザーの要求をサポートし,結果として新しい技術の市場導入や省エネルギー目標の達成を手助けすることになるだろう。このレポートは英語で執筆され,14ページからなり,CIE webpageから自由にダウンロードできる。

著者:
・Veitch, J. A.  Director, CIE Division 3 (Organizing Committee Chair)
・Blattner, P.  Director, CIE Division 2
・Gaines, J.  National Electrical Manufacturers’ Association
・Gallant, P.  Natural Resources Canada – Office of Energy Efficiency
・Kwak, Y.  Director, CIE Division 1
・Nachtrieb, R.  National Electrical Manufacturers’ Association
・Nield, K.  CIE General Secretary
・O’Hagan, J.  Director, CIE Division 6
・Steinbusch, A.  Philips Lighting
・Suvagau, C.  British Columbia Hydro

メニュー

階層を全て開く | 階層を全て閉じる

一般社団法人日本照明委員会
〒101-0048
東京都千代田区神田司町
2-8-4 吹田屋ビル3F
TEL : 03-5294-7200
FAX : 03-5294-0102