人間の生理機能と生理行動に対する(視覚)照明の効果

CIE 158: including Erratum 1 Ocular lighting effects on human physiology and behaviour

2009/64ページ/価格(会員)19ユーロ  (非会員)38ユーロ

動物や人間に対する光の非視覚光生物的効果や行動学的効果が特定の神経解剖学的経路によって生じていることが明らかになっている。人工的にコントロールされた条件下における実験的研究により、光が、ある種の臨床病理的障害の治療に応用されたり、臨床病理的ではないが、より普遍的な問題である、交替勤務者の体調維持や時差ボケの解消に応用される可能性があることが示されている。これらの諸研究は、(ある場における)照明が、視環境的に最適であると同時に、生理的・行動学的にも最適となるような建築設計に、どのように結びついてくる可能性があるかを示唆している。

メニュー

階層を全て開く | 階層を全て閉じる

一般社団法人日本照明委員会
〒101-0048
東京都千代田区神田司町
2-8-4 吹田屋ビル3F
TEL : 03-5294-7200
FAX : 03-5294-0102