照明器具の測光および配光測定-追補1:非常照明用の照明器具

CIE 121-SP1 The Photometry and Goniophotometry of Luminaires – Supplement 1: Luminaires for Emergency Lighting

2009/19ページ/価格(会員)19ユーロ  (非会員)38ユーロ

この技術報告書には、非常照明用の照明器具の測光方法に関する情報が記されている。この文書の目的は、非常用照明に対する、IEC/TC34「電球類および関連機器」より発行された安全規格:IEC 60598-2-22およびIEC 61347-2-7の測光関連の要求事項への適合性を試験するための測定方法を与えることである。また、現在用いられているその他の測光要素についての測光方法も示されているが、安全標識の測定については含まれていない。測定手順は、この技術報告書の出版時に用いられている(上記規格の)バージョンに合致するものであり、将来の改訂版では変わる可能性がある。現在適用可能な手順の確認は、校正・試験機関の責任において行われるものである。”emergency ballast lumen factor”(非常用照明の安定器の光出力比)の概念は、従来型の放電ランプを搭載し、試験用安定器が規格化されている非常用照明においてのみ適用される。多くの場合に絶対値が与えられるLED照明器具においては、LEDの光束だけが関与する訳ではない。

この技術報告書はCIE 121:1996の追補であり、英語で書かれた全19ページ(1個の表を含む)の構成で、フランス語とドイツ語の要約が付いている。

メニュー

階層を全て開く | 階層を全て閉じる

一般社団法人日本照明委員会
〒101-0048
東京都千代田区神田司町
2-8-4 吹田屋ビル3F
TEL : 03-5294-7200
FAX : 03-5294-0102