健全な屋内照明設計のための研究ロードマップ

CIE 218 Research Roadmap for Healthful Interior Lighting Applications

2016/47ページ/価格(正会員)45ユーロ  (非会員)90ユーロ

光は視覚情報を提供する電磁放射と定義されるが、近年では目における光の検出が、人やその他生物に対して、様々な生理的・心理的影響を与えることも広く知られるようになった。これにより、“光と健康”に関わる要素を照明の推奨基準にいち早く取り入れるべきという意見と、慎重な対応をすべきという意見に二分されているのが現状である。CIEでは、適切な照明の質を保ちながら、健全な屋内照明設計を実現する学術的根拠に基づいた推奨基準確立につながる研究課題を明確にするための技術委員会(TC 3-46)を設立した。この取り組みの起点は、CIE出版物158:2004/2009とその中で定義された健康照明の5つの要素である。本報告書では、この幅広いトピックスを完全にカバーする文献レビューではないものの、出版時での知見をまとめるとともに、安全で有益な照明の使い方をサポートするために重要と委員会で判断した理解が十分でない部分を特定した。さらに本報告書においては、「基礎メカニズム」「受光パターン」「応用」「個人差」等における研究課題に対応する研究ロードマップを定義している。このロードマップでは、各研究課題と短期的にみた照明応用におけるその重要性が示されている。デザインと、健康に影響をおよぼす照明利用における倫理的視点もまた、注目を集めている。

本出版物は英語で記述され、フランス語とドイツ語での要約も記載されている。二つの図、一つの表、全47ページで構成される。CIE加盟国あるいはCIE Webshopで購入できる。

本報告書は、以下に記載されたTC3-46“健康的な屋内照明のための研究ロードマップ“のメンバーにより執筆された。また、このTCはCIE第3部会“屋内環境と照明設計 ”に属している。

著者:

Veitch, J.A.    カナダ(委員長)
Bisegna, F.     イタリア
Hubalek, S.    ドイツ
Knoop, M.     ドイツ
Koga, Y.        日本
Noguchi, H.   日本
Schierz, C.     ドイツ
Thorns, P.      イギリス
Vries, A.        オランダ

アドバイザー:
Bedocs, L.        イギリス
Cook, G.         イギリス
Dehoff, P.        オーストリア
Goven, T.        スウェーデン
Hrdlík, M.       スロバキア
Jost, S.            フランス
Lin, Y.             中国
Pellegrino, A.   イタリア
Takao, M.        日本
Wojtysiak, A.   ドイツ

メニュー

階層を全て開く | 階層を全て閉じる

一般社団法人日本照明委員会
〒101-0048
東京都千代田区神田司町
2-8-4 吹田屋ビル3F
TEL : 03-5294-7200
FAX : 03-5294-0102