信号灯の色に関するCIE勧告について

CIE 107 Review of the official recommendations of the CIE for the colours of signal lights

1994/42ページ/価格(会員)26ユーロ  (非会員)52ユーロ
絶版→ CIE S 004

本報告書は、信号光色に関するこれまでのCIEの国際推奨基準と関連の研究を再調査した結果をまとめたものである。CIEでは1951年に最初の推奨案を示し、1975年にその改訂をした。その後、これに関するさまざまな実験や研究が進められている。

CIEは信号光の視認性に関する実験とその結果を収集分析し、信号光の強さをもとに、比較的暗い信号、中間の明るさの信号、明るい信号に分類して整理した。いくつかのデータには色覚異常者のデータも含んでいる。以上の分析の結果をもとに、黄色信号の赤側の境界の修正、色覚異常者に配慮した赤信号の色度領域の修正、黄色信号や白信号の色度領域の修正、緑信号の境界の修正、紫信号の廃止など、修正すべき点を指摘している。

メニュー

階層を全て開く | 階層を全て閉じる

一般社団法人日本照明委員会
〒101-0048
東京都千代田区神田司町
2-8-4 吹田屋ビル3F
TEL : 03-5294-7200
FAX : 03-5294-0102