夜間運転時の視作業

CIE 100 Fundamentals of the visual task at night driving

1992/70ページ/価格(会員)30ユーロ (非会員)60ユーロ

この報告書は、夜間における自動車運転時の視作業の主要な基本的事項を示し、それらの 基本的事項を用いて、夜間の道路交通をより安全にし、交通の流れを改善する方法を述べている。

第1章では、運転の視作業について説明し、注意、発見、認識、判断などの一連の視認のプロセスを明らかにし、次に夜間の運転と昼間の運転との違いについて論じている。第2章では、夜間の自動車運転者が道路からどのような情報を得ているかを明らかにして、さらに自動車の運転に必要かつ重要な手がかりが何かを述べている。第3章では、運転の3つの主要な視作業を実行するために必要な視距離について論じている。第4章では、見え方のモデルとその可能な利用法について説明している。最後の章では、夜間条件に適合する道路設計の改善方法を提言している。なお、ここで説明する設計要素には、道路照明および自動車灯火、再帰性反射材料の使用、自発光標識の使用が含まれている。

メニュー

階層を全て開く | 階層を全て閉じる

一般社団法人日本照明委員会
〒101-0048
東京都千代田区神田司町
2-8-4 吹田屋ビル3F
TEL : 03-5294-7200
FAX : 03-5294-0102