色差式性能評価のための推奨方法

CIE 217 Recommended Method for Evaluating the Performance of Colour-Difference Formulae

2016/28ページ/価格(正会員)24ユーロ  (非会員)48ユーロ

ある与えられた色票ペアについての知覚される色差と色差式から予測される色差の一致度を評価するひとつの方法を推奨する。この方法は多次元尺度法で用いられる標準残差平方和(Standardized Residual Sum of Squares, STRESS)指数に基づいており,2つの色差式が有為的に異なっているか否かを検証する。同じ指数で視覚評価実験の個人差内及び個人差間のばらつきも計算できる。現状で利用できて信頼できる視覚評価データベースを用いた色差評価の分野では重要な進展が見られるが,STRESSから得られた結果からは,CIEDE2000より有為的に優れたユークリッド距離に基づく色差式をもつ均等色空間は見つからなかった。

この公刊物は英語で書かれており,フランス語とドイツ語の要約がある。本文は28頁で,1つの図と11の表からなる。CIE国内委員会あるいはCIE Webshopで購入できる。

TC1-55「産業における色差評価のための均等色空間」の以下の委員によりこの技術報告書が作成された。この技術委員会は第1部会「視覚と色」の傘下にある。

著者:

  • Melgosa, M. (委員長 2005–2015) スペイン
  • Nobbs, J. (委員長 1999–2005) 英国
  • Alman, D.H. 米国
  • Berns, R.S. 米国
  • Carter, E.C. 米国
  • Cui, G. 中国
  • Hirschler, R. ハンガリー
  • Li, C. 中国
  • Luo, M.R. 英国
  • Oleari, C. イタリア
  • Pointer, M.R. 英国
  • Richter, K. ドイツ
  • Romero, J. スペイン
  • Sato, T. 日本
  • Shamey, R. 米国
  • Vik, M. チェコ
  • Witt, K. ドイツ
  • Xin, J.H. 中国
  • Xu, H. 中国
  • Yaguchi, H. 日本

メニュー

階層を全て開く | 階層を全て閉じる

一般社団法人日本照明委員会
〒101-0048
東京都千代田区神田司町
2-8-4 吹田屋ビル3F
TEL : 03-5294-7200
FAX : 03-5294-0102