屋内照明システムのメンテナンス(第二版)

CIE 097.2 Maintenance of indoor electric lighting system: 2nd Edition

2005/34ページ/価格(会員)24ユーロ  (非会員)48ユーロ

照明設備の耐用期間中に、室内面の汚れの蓄積と照明器具の経年変化のため、作業に利用できる光は次第に減少する。その減少速度は、照明器具の選択・環境条件・運用条件に影響される。照明設計においては、保守率を用いることで、この減少を考慮し、減少量を抑えるために適切な保守計画を立てなければならない。照明基準ISO 8995/CIE S 008-2001「屋内作業場の照明」の4.8節で、保守率の最小値が推奨されている。また、「照明計画は、選択した照明器具・空間・特定の保守計画について計算した総合保守率を用いて行わなければならない」と述べられている。高い保守率と効果的な保守計画によって、エネルギー効率の良い照明設計が促進され、設置した照明の必要電力が抑えられる。

このガイドの改訂版では、照度低下に影響するパラメータについて述べ、屋内人工照明システムの保守率を計算する手順を開発している。照明器具の選択と経済的な保守サイクルの推定に関する情報を提供し、維持・修理の技術について勧告している。幾つかのデータ例を示しているが、正確なデータは、メーカーから入手するよう推奨している。

本報告書は、CIE 97-1992「屋内照明システムのメンテナンス」に置き換わるものである。本報告書は英語版で、フランス語とドイツ語の短い要約がついている。また、13の図と6の表を含む34頁の構成となっている。

メニュー

階層を全て開く | 階層を全て閉じる

一般社団法人日本照明委員会
〒101-0048
東京都千代田区神田司町
2-8-4 吹田屋ビル3F
TEL : 03-5294-7200
FAX : 03-5294-0102