照明記述のための方法に関する指針

CIE 213 Guide to Protocols for Describing Lighting

2014/76ページ/価格(正会員)40ユーロ  (非会員)80ユーロ

照明の質(Lighting quality)は,人間の要求,建築との統合や経済的制約(エネルギー消費を含む)をも包含する概念である。さまざまな条件下において目標とする照明の質を実現する光の状態に関する情報を示すためには,照明の電磁放射が目によって感知され各種の生理的システムによって処理された結果,人々がそれに広い意味でどのように反応するのかを知る必要がある。このような作業,そしてデザイナーとのコミュニケーションを支援するために,照明設備のための誰もが用いる共通の定義および測定方法が求められている。

CIE 技術委員会3-34の成果であるこの指針は,個々の応用とは独立した,照明を記述する項目および各々の項目に関係する方法の一覧を定めたものである。本委員会が作成した記述項目の体系は二つに区分される。一つ目は基本記述項目であり,すべてのプロジェクトにおいて記録されるべきもので,通常比較的簡素な機器によって測定可能なもの,二つ目は専門的記述項目であり,こちらは常時要求されるものではなく,測定も複雑なものである。

本書は,空間における既存または計画中の光の状態に関するコミュニケーションのための共通の基盤を提供することにより,照明の質という考え方の発展を助けることを意図している。ここで提供されている定義を用いることによって,また示された方法や全体的手順に従うことによって,構築環境において人間の反応を刺激する物理的条件のより深い理解にいたることが可能になると考えられる。

この技術報告の策定には以下に示すTC 3-34「照明記述の方法」のメンバーが参加した。

執筆者:
・Veitch, J.A. カナダ (委員長)
・Bedocs, L. イギリス
・Boyce, P.R. イギリス
・Cuttle, C. ニュージーランド
・Kemenade, J. v. オランダ
・McGowan, T.K. アメリカ
・Miller, N.J. アメリカ
・Nakamura, Y. 日本
・Pellegrino, A. イタリア

アドバイザー:
・Ejhed, J.  スウェーデン
・Ezrati, J.-J. フランス
・Dehoff, P. オーストリア
・Coutelier, B. フランス
・Lachiver, R. フランス
・Oi, N. 日本
・Smith, D. カナダ
・Topalova, R. アメリカ

謝辞:
本委員会は,委員会メンバーではないにもかかわらず,本報告に作成にあたり,着想,コメント,図を提供していただいた以下の方々に謝意を表します。

Myriam B.C. McCulloch-Aries, Pascale Avouac-Bastie, Michelle L. Gagnon, Clare K. Porac, Peter Richards, Peter Thorns and Adrie de Vries.

メニュー

階層を全て開く | 階層を全て閉じる

一般社団法人日本照明委員会
〒101-0048
東京都千代田区神田司町
2-8-4 吹田屋ビル3F
TEL : 03-5294-7200
FAX : 03-5294-0102