天文台近辺における都市光の影響最小化指針 -CIE/IAU共同指針-

CIE 001  Guide lines for minimizing urban sky glow near astronomical observatories (Joint publication IAU/CIE)

1980/24ページ/価格(会員)22ユーロ  (非会員)44ユーロ

都市部における屋外照明の増加により、天空へのもれ光は大都市から100km以上離れたところの天文台にも影響を与えるほどのレベルに達している。国際天文学連合(IAU)と国際照明委員会(CIE)は、都市近辺の天文環境の低下を最小にする共同活動を進めるためのガイドライン作りを準備してきた。即ち、照明技術者、天文学者、公的機関の権威者によって理解,協力,活動するための基準づくりである。

本報告書は、天空への人工光のもれ光の影響、天文台近辺の照明から生じると見られるもれ光のレベル、上方に出してはいけないもれ光のレベル、良い照明はどうしたら実現できるか、公的条例によってどのようにしてもれ光のレベルを抑制することができるのか、を説明している。

メニュー

階層を全て開く | 階層を全て閉じる

一般社団法人日本照明委員会
〒101-0048
東京都千代田区神田司町
2-8-4 吹田屋ビル3F
TEL : 03-5294-7200
FAX : 03-5294-0102