LED照明システムによる室内照明の質評価法のレビュー

CIE 205 Review of Lighting Quality Measures for Interior Lighting with LED Lighting Systems

2013/34ページ/価格(正会員)28ユーロ  (非会員)56ユーロ

近年の光束と効率の向上に伴い、LEDは従来の一般照明用光源に匹敵するようになってきている。指向性、小面積、高輝度といったLEDの典型的な特徴は、もはや新光源としての特徴でなくなったにもかかわらず、オフィス、教室、会議室、病室といった場所の機能照明にとっては新しい特徴(LED単体、複数組み合わせのLEDとも)である。LEDを適用した照明環境の質に関する既存の評価方法の多くは、拡散性の蛍光ランプを用いた研究に由来、あるいは参照している。本レポートは、市販の室内LED照明システムに対する既存の照明環境の質に関する評価法の適用性について情報を提供している。既存の評価方法の欠陥、弱点を明らかにし、新しい質の評価方法を提案、必要とされる研究について提案している。

本出版物は英語で記述されており,フランス語とドイツ語の短い要約がついている.3つの図と1つの表を含む全34ページ,CIE国内委員会,CIE本部ウェブサイト(www.cie.co.at)で入手可能である.

メニュー

階層を全て開く | 階層を全て閉じる

一般社団法人日本照明委員会
〒101-0048
東京都千代田区神田司町
2-8-4 吹田屋ビル3F
TEL : 03-5294-7200
FAX : 03-5294-0102