CIEシンポジウム2004論文集「LED 光源: 物理的計測と視覚および光生物学的評価」

x026  Proceedings of the CIE Symposium ‘04 on LED Light Sources: Physical Measurement and Visual and Photobiological Assessment

2005/138ページ/価格(会員)73ユーロ  (非会員)146ユーロ

現在、LED光源は照明工学だけでなく情報工学でも広く使用されており、将来我々の生活に利用される光源のひとつになることを期待される。しかし、LEDの急速な普及にもかかわらず、信頼できる測光方法や視覚及び生体に及ぼす影響については未だ議論が行なわれている。CIEは過去1997と2001年の2回、LEDのシンポジウムを開催し、成功のうちに終わらせた。しかしながら部分光束、放射輝度の測定方法、演色などの視覚評価、さらには生体安全の基準などに関しては、たくさんの問題点が残されている。

これらの問題点を議論するために、CIE 第1部会、第2部会、及び第6部会は、共同でLED光源に関するエキスパートシンポジウムを2004年6月7~8日に日本の産業技術総合研究所(AIST)の臨海副都心センターにおいて、JCIEならびにAISTの援助のもとに開催した。

この会議は下記の4つの会合に分類されて行なわれた。

-演色

-視覚

-生体安全性

-測定

本論文集には、“LEDを未来の照明に使用するために要求される物理的ならびに視覚的条件”と”LEDからの白色光”が主旨論文として掲載されている。またこのシンポジウムではポスターセッションも行なわれた。各会合の議論の要旨並びに30篇の査読論文が掲載されている。

出版物は大部分がカラーの図を含む150ページから構成されている。また論文を検索可能な形式で保存したCD-ROMも含まれる。

メニュー

階層を全て開く | 階層を全て閉じる

一般社団法人日本照明委員会
〒101-0048
東京都千代田区神田司町
2-8-4 吹田屋ビル3F
TEL : 03-5294-7200
FAX : 03-5294-0102