CIE D光源の再定義の方法

CIE 204 Methods for Re-defining CIE D Illuminants

2013/75ページ/価格(正会員)36ユーロ  (非会員)72ユーロ

本技術報告書は,CIE標準イルミナントD光源の分光特性を示す表のあらましに関して記すと共に、昼光光源の分光分布を滑らかに表現する2つの手法を提案している。第一の方法は、従来定められている通り、10 nmの間隔は変えずに,10 nm幅の両端の値を用いて2階微分する方法である(最小限の平滑化)。第二の方法は、分光分布の最大値と最小値の尖った部分をカットし、より滑らかに表現しようとする方法である(高位に平滑化する方法)。

両手法による分光分布を用いて計算した結果、内挿の仕方による測色の精度への影響は小さいことが示されている。

実際には、2つの内挿方法によって作成された表を用いて試験することを技術委員会は推奨しており、また、高位に平滑化する方法に基づいて作成された表4の値を用いて試験することを力説している。さらに、測定機器メーカに対しては、将来的にD50光源、D65光源の定義が可能となる模擬D光源を構築するために、この手法を試すことを要求している。

本出版物は、2つのエクセルファイルと関連づけられている。一つは、評価しようとしている光源の相関色温度を入力した後に、報告書に記載されている異なる内挿方法によって昼光イルミナントの分光分布を計算するためのもので、もう一つは、報告書にある表を示したものである。

本ガイドは英語で記述されており、フランス語とドイツ語の短い要約がついている。13個の図と5個の表を含む全75ページ、CIE国内委員会、CIE本部ウェブサイト(www.cie.co.at)で入手可能である。

メニュー

階層を全て開く | 階層を全て閉じる

一般社団法人日本照明委員会
〒101-0048
東京都千代田区神田司町
2-8-4 吹田屋ビル3F
TEL : 03-5294-7200
FAX : 03-5294-0102