視感覚の計量化:測光測色の面から(NPL-CIE-UK コンファレンス講演予稿集)

x012  Proceedings of the NPL-CIE-UK Conference:Visual Scales ; Photometric and Colorimetric Aspects

1997/81ページ/価格(会員)36ユーロ  (非会員)72ユーロ

英国照明委員会(CIE-UK)は国立物理学研究所(NPL)との共催で、測光と測色に関する視覚の計量法に関する研究会議を1997年3月に開催した。本書は、その研究会議で発表された論文をまとめたものである。

発表論文は「測色に関する計量」と「測光に関する計量」の2つに大きく分かれている。測色分野では,Robertson氏の招待講演,Luo氏,Witt氏らが、色の見えモデルや色差の計量の検討、測光分野では、薄明視の測光がテーマであり、Trezona氏、Vienot氏、Rea氏、Barbur氏らが薄明視における視作業や視野について報告した。特に、測光部門では、薄明視に限らず、明るさの計量化とは別に「視作業の計量化」の必要性を述べている。

メニュー

階層を全て開く | 階層を全て閉じる

2019年4月1日以降の連絡先

一般社団法人日本照明工業会
〒110-0016
東京都台東区台東4-11-4
三井住友銀行御徒町ビル8階
TEL : 03-6803-0501
FAX : 03-6803-0064