昼光ガイド・システム (修正1を含む)

CIE 173:2012 Tubular Daylight Guidance Systems(Including Erratum 1)

2012/77ページ/価格(会員)32ユーロ  (非会員)64ユーロ

昼光ガイド・システムとは、昼光を建物の中心部へ向ける線形の装置である。昼光ガイド・システムは光伝達部で構成され、その端の外側には、昼光を収集する装置があり、内側には内部で光を分配する手段がついている。昼光の収集器は、アクティブに昼光(通常、直射日光)を集めて送る機械的な装置か、天空の一部または全体からの直射日光と天空光を受けるパッシブな装置かのいずれかである。光伝達要素は、通常、筒形で、高反射性の材料かプリズム材料がつけられ、あるいは、光の方向を変えるために、レンズか何か他の装置が入れられている。光は、出力部分(一般に、乳白材料またはプリズム材料でできた拡散装置)によって内部で分配される。本報告書の主眼点は、世界各地に設置され、最も商業的に成功した種類のパッシブ天頂型システムに置かれている。
本報告書では、昼光ガイド・システムの一般的な種類全ての技術について、脈絡をつけて概観している。本報告書の主要な部分では、パッシブ天頂型システムに関連して、構成要素とシステムの測光、設計方法、意匠上と使用上の保守の問題、エネルギー、経費と利益、人間側の要素、建築上の問題を扱っている。本報告書は、良い事例を示す事例研究も載せている。
本出版物はCIE173:2006「昼光ガイドシステム」の修正版である。この修正版では、表3の数値と付録Cの数式が修正されている。修正の詳細はCIEのウェブサイト(http://www.cie.co.at/index.php/LEFTMENUE/index.php?i_ca_id=296)から無料でダウンロードできる。

本出版物は英語で書かれており、フランス語とドイツ語の抄録がついている。44枚の図と5つの表を含む75ページから成り、CIEの加盟国またはCIEウェッブショップから購入できる。

メニュー

階層を全て開く | 階層を全て閉じる

一般社団法人日本照明委員会
〒101-0048
東京都千代田区神田司町
2-8-4 吹田屋ビル3F
TEL : 03-5294-7200
FAX : 03-5294-0102