非常用照明

ISO 30061:2007(E)/CIE S 020/E:2007 Emergency Lighting

2007/8ページ/価格(会員)19ユーロ  (非会員)38ユーロ

本規格は,屋内やその他の必要な場所に設置される非常用照明の照明上の要件を規定するものである。公衆や労働者が利用する場所に主に適用される。非常時用照明の主要な目的は,停電や照明の故障の際に煙の有無にかかわらず,パニックを抑制し,在館者の安全な避難を支援しうる視覚条件を提供することにある。非常用照明の仕様(例えば,最小光量,最大グレア制限等)は照明器具の使用寿命の最悪の状態を想定して設計しなければならない。本規格は,器具の全使用期間と設計寿命の終期までの最低限の仕様並びに計算に関する要件を示した。煙の存在への配慮に関する特別章を設けた。安全標識は維持照度を補完する機能を発揮しうる。

メニュー

階層を全て開く | 階層を全て閉じる

一般社団法人日本照明委員会
〒101-0048
東京都千代田区神田司町
2-8-4 吹田屋ビル3F
TEL : 03-5294-7200
FAX : 03-5294-0102