測色-2:CIEの標準の光

ISO 11664-2/CIE S 014-2 Colorimetry – Part 2: CIE Standard Illuminants

2007/13ページ/価格(会員)22ユーロ  (非会員)44ユーロ

CIEの標準の光は、定められた条件での照明の場における反射または透過状態での物体色の測色三刺激値を得るために使用される。この規格原案では、以下に述べる二つの光を測色で用いる国際標準として定めた。

CIEの標準の光 A
タングステンフィラメント光源の代表的な値を提示する。CIEの標準の光Aは、屋内照明におけるすべての条件化での測色で使用されるとともに、他の光源との比較に用いる。

CIEの標準の光 D65
平均的な昼の値を提示する。CIEの標準の光D65は、昼光の元でのすべての測色計算に使用されるとともに、他の光源との比較に用いる。相対分光分布を用いた応用として、昼光の変化により生じる紫外波長域の分光分布の地域や季節等の詳細を知ることができる。CIEの標準の光D65の各種応用に関しては調査中であり、追加情報を提供する。

メニュー

階層を全て開く | 階層を全て閉じる

一般社団法人日本照明委員会
〒101-0048
東京都千代田区神田司町
2-8-4 吹田屋ビル3F
TEL : 03-5294-7200
FAX : 03-5294-0102