測光-CIE物理測光システム

ISO 23539/CIE S 010 Photometry – The CIE System of Physical Photometry

2004/19ページ/価格(会員)22ユーロ  (非会員)44ユーロ

目が感じる光源の明るさは,放射の量以外に光源の分光分布と観測者の視感応答度に依存する。人間の目の応答は,明るさレベルにより異なり,さらには個々の観測者によっても異なる。物理測光を正確に行うには,同一の標準観測者の値が必要となる。CIE物理測光システムでは,測光放射量を評価する標準観測者の値として,明所視V(λ),暗所視V’(λ)の2つの分光視感効率を示した。このCIEにより確立された物理測光システムを用いることにより,SI基本単位のカンデラを光源の分光放射分布の違いによらず正確に表すことを可能とし,明所視および暗所視における標準視感効率ならびに最大視感効率が示され,国際度量衡委員会(CIPM)が定義した測光量および単位を具現することが可能となる。

メニュー

階層を全て開く | 階層を全て閉じる

一般社団法人日本照明委員会
〒101-0048
東京都千代田区神田司町
2-8-4 吹田屋ビル3F
TEL : 03-5294-7200
FAX : 03-5294-0102