屋内昼光光源

CIE 184 Indoor daylight illuminants

2009/22ページ/価格(正会員)22ユーロ  (非会員)44ユーロ

 CIEは、1967年に昼光光源を提案したが、これらには、屋外で自然に含まれる紫外領域の放射を含んでいた。屋内では、窓ガラスなどでフィルタされるため、屋内での分光分布を定義する必要があった。TC1-66では、屋内昼光光源として色温度5000Kと6500Kに対応するID50とID65とを採用した。分光分布について、300から780 nmまで5 nmごとに定義され表にまとめられるとともに、その理論的根拠と、既存の昼光光源との詳細な比較が示されている。

メニュー

階層を全て開く | 階層を全て閉じる

一般社団法人日本照明委員会
〒101-0048
東京都千代田区神田司町
2-8-4 吹田屋ビル3F
TEL : 03-5294-7200
FAX : 03-5294-0102