人皮膚でのプレビタミンD3生成の作用スペクトル

CIE 174 Action spectrum for the production of previtamin D3 in human skin

 2006/16ページ/価格(会員)19ユーロ  (非会員)38ユーロ

紫外放射は、人体のビタミンD3(以後、「ビタミンD」と略記)生成に有益作用をもつことはよく知られている。この作用は1800年代に始めて観測され、太陽照射が抗くる病効果と相関するとされた。これらの有用作用は人工光源でも再現され、その後も作用に対するスペクトル研究が様々なかたちで行われてきた。この報告の目的は、これまでのヒト皮膚でのビタミンD生成に関する光放射の有効性に関する研究を検討し、ヒト皮膜でビタミンD合成に関する標準作用スペクトルを決定することである。各人のビタミンD摂取量に必要な露光時間についても議論されている。

メニュー

階層を全て開く | 階層を全て閉じる

一般社団法人日本照明委員会
〒101-0048
東京都千代田区神田司町
2-8-4 吹田屋ビル3F
TEL : 03-5294-7200
FAX : 03-5294-0102