日本照明委員会(JCIE)のサイトへようこそ!

JCIE(一般社団法人日本照明委員会:Japanese National Committee of CIE)は, CIE(Commission Internationale de l’Eclairage:国際照明委員会)の日本を代表する構成員で,一般社団法人として認可された組織です。
CIEでは,光と照明の分野での科学・技術及び工芸に関するあらゆる事項について,標準と測定の手法を開発し,国際規格及び各国の工業規格の作成に指針を与え,他の国際団体との連携・交流を図っています。
ISO/TC274“光と照明”が2012年に設立されました。ISO/TC274はCIEと連携し、光と照明の分野でのISO規格を策定しています。JCIEはこの国内審議団体として登録されています。

JCIEは,これらの事業に協力し,国際的事項の調査研究と国際標準の作成に参画し,国際的情報の連絡・普及に努めています。

平成30年7月豪雨で被災された皆様

7月6日から8日にかけて西日本を中心に発生した記録的豪雨により、200名を超える尊い命が奪われ、広大な地域に甚大な被害が生じたことに対しまして、心から哀悼の意を表します。
被災され、ご不便な避難生活を余儀なくされている多くの皆様と関係者の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。
皆様の生活と安全が確保され、一日も早く普段の生活に戻れますよう心からお祈り申し上げます。

一般社団法人日本照明委員会
会長 斎藤 孝

イベント情報

【他団体からのお知らせ】平成30年度JLEDS研究助成課題 募集

【目的】
LED関連(固体光源含む)の研究開発に関係する大学や研究機関の若手の研究者に対し
①新しい分野のシーズ探索や研究開発を促進して関連業界の発展に貢献すること。
②JLEDSの新しい活動の方向性や可能性を探ることでJLEDS会員企業の新しい事業分野の開拓にも寄与すること。

◆助成金額:1件当たり100万円以内

◆応募締切:平成30年7月27日(金)17:00 LED照明推進協議会 郵送必着

応募要領及び課題申請書等、詳細はJLEDS ホームページをご覧ください。

第43回JCIEセミナー 高齢者及びロービジョンに配慮した屋内視環境の設計と規準

わが国の高齢化は世界のどの国をも上回る勢いで進んでおり、高齢者・障がい者に配慮した製品・サービス・環境の整備、支援が求められています。屋内視環境の計画・設計においても、高齢者及びロービジョンにも適した国際規格・ガイドラインの整備が待たれています。

わが国の視覚・照明分野の研究者は、早くからこの課題に注目し、高齢者・ロービジョンの視覚特性に関する研究に着手し、関連学会では照明環境のガイドラインを整備してきました。同時に、その成果を国際規格に反映させるため、国際規格・ガイドラインを構築するCIE技術委員会(TC)にも参画してきました。

その結果、CIEは、2017年9月にTC3-44「高齢者および視覚障がい者のための屋内照明」が作成した、オフィス・住宅・公共建築などの屋内空間において高齢者及び視覚障がい者に適した照明環境に関する技術報告書-CIE 227: 2017 “Lighting for Older People and People with Visual Impairment in Buildings”-を発行しました。

本セミナーでは、この報告書を作成したTC委員が(1)高齢者及びロービジョンのための視環境に関する国際標準の動向、(2)高齢者及びロービジョンの視認性と作業性を高める照明要件、(3)高齢者及びロービジョンに適した視環境の設計ガイドラインについて紹介します。さらに、眼科医が自ら高齢者及びロービジョンに配慮して計画・設計した病院の視環境を紹介します。最後に、ワークショップでは、CIE227においてレビューが不足していたロービジョン者の視認性研究の動向と海外の配慮事例などを紹介しながら、将来の高齢者及びロービジョンに適した視環境の設計と規準のあり方を議論します。

日時:2018年8月1日(水)13:30~16:00
場所:中央大学駿河台記念館670教室
主催:(一社)日本照明委員会
協賛:(一社)照明学会、(一社)日本建築学会、(公社)日本建築士連合会、
   (一社)日本色彩学会、人間-生活環境系学会、(一社)日本人間工学会、
   (一社)日本福祉のまちづくり学会、(一社)高齢者住宅協会、
   (公社)全国老人福祉施設協議会、(一社)日本照明工業会、
   (一財)高齢者住宅財団、(一財)光産業技術振興協会、
   (NPO)LED 照明推進協議会
参加費:※参加費は当日会場にてお支払いください。

セミナー参加のみ セミナー+技術報告書(CIE 227)
会員/協賛団体会員 4,000円 13,000円
非会員 8,000円 27,000円
学生 1,000円 10,000円

本セミナー講師の方が参画されたTC3-44からの技術報告書 CIE 227を割引価格にて販売いたします。セミナーの内容をより深く理解するため、この機会にぜひご購入ください。
※本セミナーのテキストではありません。
※CIE 227 通常販売価格:JCIE会員 9,900円 非会員 19,500円
※JCIE会員はCIEから発行される出版物を会員価格で購入できます。
入会については、事務局までお問い合わせください。

詳細はこちら

CIE Expert Tutorial and Workshop on Research Methods for Human Factors in Lighting

【日程】2018年8月13日(月)

【場所】Aalborg University Copenhagen(コペンハーゲン、デンマーク)

【今後のスケジュール等】論文投稿締切 3月27日(火)

詳細は、こちらをご覧ください。

CIE出版物:国内販売価格 換算レート変更のご連絡

このたびJCIEでは為替レートの変動に伴い、2017年9月1日申込み分より国内販売価格を算出のための換算レートを「135円」から「150円」に見直し、価格の改定を行います。なお、大幅な為替変動が生じた場合には換算レートを見直す場合がありますので、その点ご了承ください。

◎新国内販売価格(2017年9月1日お申込み分より適用いたします)
CIE販売価格(EURO)× 換算レート(150円)+ 国内送料(300円)

換算レートは以下のように算出設定しております。
換算レート ≒ 為替レート + CIE本部からの送料 + 送金手数料など

本HPの出版物案内には、価格をユーロで表示しています。
国内販売価格につきましては、事務局までお問い合わせください。

【発行!】CIE S 025/E:2015「LEDランプ,モジュールおよび照明器具の試験方法」解説

JCIE-003  2016/A4冊子体/(解説書)91ページ,  付録 CD-ROM/(翻訳書)50ページ
価格(会員)4,000円  (非会員)8,000円

LEDランプ,LEDモジュール及びLED照明器具に対する再現性の高い測光,及び測色を行うためのCIE 規格であるCIE S 025/E:2015 “Test Method for LED Lamps, LED Luminaires and LED Modules(LEDランプ,モジュールおよび照明器具の試験方法)”(以下CIE S 025)がCEN(欧州標準化委員会)との共同作業を経て,2015年に刊行されました。日本照明委員会は,このCIE 規格の普及・啓発を目指しCIE S 025/E: 2015「LEDランプ,モジュールおよび照明器具の試験方法」解説』を出版いたします。

本解説は,試験・校正に携わる試験所や製造業関係者のCIE S 025の円滑な理解を促進することを目的としています。このため,測光・放射測定の基本技術よりも,CIE S 025において解釈が難しい項目や,LEDデバイス測定の不確かさ評価などの項目に解説の重点を置きました。
CIE S 025と技術的な内容が整合した規格として,EN 13032-4:2015 “Light and lighting. Measurement and presentation of photometric data of lamps and luminaires. LED lamps, modules and luminaires”も発行されています。当該EN規格を用いた認証プログラム等においては,CIE S 025と同等の製品試験が要求されます。さらに,IEA (国際エネルギー機関)に組織されているIEA 4E SSL Annexでは,全世界共通の試験規格としてこのCIE S 025を推奨しています。すなわち,本解説は,今後のLEDランプ,モジュールおよび照明器具製品の国際展開にお役に立てるものと考えています。

なお,本解説には,付録として,CIE S 025の翻訳書を収録したCD-ROMも添付されます。本解説書とともにCIE S 025原著(10,100円)も同時に購入をご検討ください。

お申し込み、お問い合わせは、JCIE事務局までご連絡ください。

メニュー

階層を全て開く | 階層を全て閉じる

一般社団法人日本照明委員会
〒101-0048
東京都千代田区神田司町
2-8-4 吹田屋ビル3F
TEL : 03-5294-7200
FAX : 03-5294-0102